枚方市・八幡市・楠葉・橋本・船橋・男山近辺で、頭痛・めまい・手足の脱力やしびれ・顔面のしびれ・物が二重に見える・物忘れなどの脳の病気を疑う症状に悩んでおられる方は、つじ脳神経外科クリニックにお任せください。

 

 
 
 
 

診療内容

つじ脳神経外科クリニックの診療内容

頭痛・めまい・手足のしびれ・手足の麻痺・物忘れなど、脳の病気が疑われる症状に悩んでいる患者さん。脳卒中や脳腫瘍などが気になる患者さん。頭部外傷の後、気分がすぐれない患者さん。とにかく頭を調べてほしいと思った患者さん。当院ではMRIを導入しており、来院当日に迅速に診断し、治療を開始することができます。地域の皆さんの脳の健康をみる「脳のかかりつけ医」として当院をご利用いただけると嬉しく思います。

 

診療内容

脳血管障害(脳卒中)

脳血管障害(脳卒中)

脳の血管が詰まったり破たんしたりして生じる病気のことを総称して脳血管障害と言います。脳卒中と呼ぶこともあります。突然発症することが多いこの病気は、場合によっては重篤な意識障害や麻痺、言葉が出ない、言葉が理解できないなどの後遺症を残すことがあり、寝たきりの原因の1位となっています。高血圧・糖尿病・脂質代謝異常症などの生活習慣病が原因となることが多いですが、中には生まれ持った血管の異常が原因となることもあります。脳血管障害は、発症前の予防が何よりも大切です。

 

⇒詳しくはこちら

脳腫瘍

脳腫瘍

脳そのものや脳周辺に発生する腫瘍のことを総称して脳腫瘍と言います。
脳腫瘍には良性のものと悪性のものとがあり、治療方針が異なります。
脳腫瘍の大きさや発生場所によっても治療方針が異なります。
良性の脳腫瘍で小さいものならば、経過観察で様子を見ることもあります。経過中、腫瘍が大きくなってきたことが画像で確認された場合は手術をお勧めすることがあります。
悪性の脳腫瘍の場合は、急速に大きくなってくる場合があるため、早急に手術・放射線治療・化学治療が必要になる場合が多いです。

 

⇒詳しくはこちら

頭部外傷

頭部外傷

交通事故や転倒事故では必ずと言っていいほど頭部を打撲します。
程度は様々ですが、場合によっては頭の中に出血を生じたり、脳そのものが傷を負ったりすることがあります。頭部打撲当日は大した症状がなくても、日が経ってから頭の中に血液が溜まることもあります。
また、頭皮が傷つき、出血が生じている場合には当院で迅速に縫合処置を行うことができます。

 

⇒詳しくはこちら

 
 
ホームページ作成方法